SEO対策

oyaGのログ(…のしかばね)

「パトラッシュ。僕、もう疲れたよ…」

マネする。ということ(おっさん的見解の場合)

お友だち(と私は思っていますw)のお友だちがブログの構成やタイトル
記事の書き方等をマネされたそうで…

ということで今回は私なりに「マネする」という行為について考えてみたいと思います
なお最初に申し上げておきますが、この記事を書くきっかけになった出来事について
私はマネした方・マネされた方どちらも非難・否定する気はありません

私が思うにマネするということは必ずしも悪い事だとは思っていません
なぜなら人間や動物はマネをして覚える生き物だからです

私はプログラムを組む仕事をしている(していた?w)のですが
コレなんかはまさに「マネして覚える」の最たるものだと思います
初めて扱うプログラム言語を覚えるには、まず先人のプログラムを見て
意味もわからず、まるっとマネして入力(時にはコピー)して実行させる
そして、自分が思うような動きをさせるために少し改造する
この繰返しを行うことによって一人前になる業界です

もちろんその過程において「自分で調べる」「自分で工夫する」等の
努力も必要になってきますけどね
何も無いところから、いきなりプログラムを作り出すようになれるまでは
かなりのマネをしなければ覚えることが出来ないものだと思います
(まぁ、私の頭が悪いだけなのかもしれませんが:苦笑)

もちろんマネをすることがすべて良いかというとそうではありません
・よく売れている商品のコピー品を作って販売した
・芸術的価値の高い美術品のコピーを作って許可無く商売をする
などの商行為がからんでくるようなことはやるべきではないでしょう
ですが今回のブログをマネされた件についてはこれに該当しないと思います

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回ブログの書き方等をマネした人は「中学生」だったとの事ですので
自分が中学生ぐらいのころを振り返ってみますと、その時代は
好きなマンガや小説の一編やセリフをマネして言ったり書いたり
好きなマンガ家の絵をマネして描いたりしたものです

この時期の子供たちは、とにかくいろいろなものに
影響されやすい時期なのだと思います

例えば好きなお笑い芸人がいて
そのキメ台詞が「しょんぼりだよっ!」だとしたら
日常生活でも「しょんぼりだよっ!」と言いたくなるだろうし
自分が書くブログのタイトルに「しょんぼり日記」と
つけたくなっても仕方ないのかなぁと思ったりします
そしてこれを見たほかの人が面白いと思ってマネをする
こうして流行ができてくるのではないでしょうか?

つまり「流行る≒マネされる」だと思います

マネした子は、マネされた方のブログを見て何かしら感銘を受け
自分もそのような書き方をしてみたいと思って真似してしまったのではないでしょうか?

マネされるということはそれだけ優れていると感じたからマネをするのであって
私のブログのように見る価値も無ければ誰もマネしようとは思わないのではないでしょうか?
(ていうかオレのブログも誰か真似してくんないかなぁw)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

インターネットに記事を公開するということは広く一般の人に見てもらう
ということだと思うので人気が出れば出るだけマネをしたくなる子供が増えても
仕方の無いことではないかと私は思います
もちろん画像や記事の無断転載を行ったというのなら問題があるでしょうけどね
タイトルやコメント数やトラックバック数の表記の仕方等を
マネする程度なら大目に見てあげてもいいような気がします

もし「私のブログは内輪の友達に見せるためのもの。少しの類似性も認めない」
というのであればパスワード制限をかけるなどをして閉鎖した空間の中で
公開すればよいのではないでしょうか?

「アイデアを盗まれた」というのなら、あらかじめ禁止事項を設け
これとこれは私のアイデアなので勝手に利用しないでね。と
小・中学生でもわかるような文章で明記しておくのが
大人側の対処法だと思うのですがいかがでしょう?

マネをされて気分を害される気持ちもわかります、が
一方的に「マネすることは良くない! やめてくれ」というのは
子供同士で「マネすんなっ!」と言い合うのと同じレベルじゃないかと思います
一方的にはねつけることで子供が大人不信におちいる可能性だって十分考えられます

なぜそれをしてはいけないのか。

その部分を大人が子供に理解できるように十分説明してあげる
必要があるのではないでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

逆に子供たちが正しい行為をマネするようになってくれれば
それはとてもありがたいことだと私は思います
そのためにも大人が適切な対応を取ってより良い方向に導いてあげる事も
大事だと思いますがいかがでしょうか?

強いて言うなら小・中学生の子供達はコミュニケーションの取り方が
良くわからなくて上手く出来ないということなのでしょう
これは私も森で通信するうちに経験してわかったことですが

子供には大人の良識が通用しないものなのです

「それが出来ないのはその子の親の責任だろう」といわれる人もいるでしょう
確かにそれもありますが、その子と関連した大人が諭(さと)してあげるのも
必要なことのではないでしょうか?
自分でも忘れてしまっているのですが、きっと私の子供時代にも
多くの大人たちに迷惑をかけてしまったのでしょう
そしてそれを回りの大人が上手く対処していてくれたのだと思います
もっともこの歳になっても自分でそれができているかというと疑問ですけどね

他人が他人を思いやる

日本全体が(大きく出たな、オイw)そのような事が出来てこなかったので
今のような世の中になってきたのだと思います
と、これ以上は話が変な方向に広がってしまいそうなので
今日のところはこの辺で…

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

相変らず何が言いたいのかわかりにくい文章ですみませんです m(_ _)m

(「なら書くなよ」とアンチオレの人たちに突っ込まれそうですが
 これはオレのブログです。何を書こうが自由です
 「見てしまったから仕方ない」と言うのは通用しませんのでアシカラズ
 つかブックマークまでしてほぼ毎日見に来てくれてありがとう♪)

コメント

むーさん ありがと~♪

長文大歓迎ですよ♪ もちろん一言だってオッケーっす
ていうか私の書いた無意味な長駄文をわかりやすくこの長さで
書いてくれるむーさんって文才あり!って感じです

むーさんの言う通り私もそのレベルなんじゃないかと思うんです
で、強烈に批判されたとしたらその子はどう思うんだろう?って
自分が好きで読んでいたブログの管理者とその友だちにですよ
果たして、それが大人の対応なんだろうか?と思うと疑問です

でもマネされた方は以前にもっとひどいコピーと思われるぐらい
書き方を別の(?)中学生にやられたそうで、それ以来トラウマに
なっているとのことなので過敏になっても仕方ないと思いますがね

こういう問題は上手くまとめられることなんて出来無いんじゃないかな?
でも小・中学生が物事を知らないのは当然のことであって
それを教えてあげるのは大人なんだと思う。そしてその時の対応で
その子達の将来に影響するんじゃないかと思います

できれば私もマネされるぐらいレベルの高いブログを書いてみたいと
思うのですが一生かかっても無理ですな(苦笑

PCのことでもブログ作りのことでも遠慮なく聞いてくださいね
私のわかる範囲でお答えさせていただきますよ。ハイ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

長くなっちゃった。。ごめ~ん。

自分なりに、この問題を考えてみました。
(おやりんの言いたいことと違うかもしれないケド・・。)
ブログを普通に公開しているかぎり、
大勢の人に見られるってコト☆

もし絶対に真似をされたくないなら、パスワードを作って
知っているお友だちの中だけでしか見れないようにするしかないのカナァって。

もちろん、それで商売にしてたって言うなら別だけどネ。

今回のコトに関しては、真似したっていう内容は 
悪意があってしたことじゃないと思うし。
特に女の子って、憧れの芸能人の服装や話し方を真似したりするもの☆
きっと、真似した中学生は そのブログに憧れて
「自分もこんな風なブログを書いてみたいっ」て純粋に思ったんだと思いました。

結局 何かまとなりのない意見になっちゃったケド。。
これからも、ブログを公開してる限り、それを見る人に影響を与えるだろうし、
ちょっとした言い方や 書き方が似てる程度なら
目をつむってあげてられるのが大人かなって思いました。
(むーだったら、真似してくれたらうれしいナ。。
てゆうか、真似してもらえるようなブログ作りが出来るようになりたいナ♪)

とゆうことで、これからも PC操作やブログ作りで
分からないコトがあったら、聞きにくるからよろしくお願いします(^_-)☆)



コメントありがとうございます♪

> 木魂さん
お久しぶりです~♪ お元気してましたか?
この件ついて私は部外者なので、とやかく言う筋合いではないことは
十分承知しているのですが、なぜか気になって自分の考えを書いてみたくなりました
ま、相変らず論点ずれてるだろうし文章メチャクチャなんですけどねw
良ければまた木魂さんのご意見をお聞きしたいと思います

PS
イラコじゃね~よ、イ・ラ・「ゴ」!(笑
え?じゃあもしかして会ってたりなんかして?!
海はいいよね~ 広くて大きくて浮かんでるだけで癒されちゃうw

PS2
おぉ!草むしり!! 行きます。行きます
開門するときはゼヒご一報くださいな(できればウィルコムでw)

> トミィさん
被害にあわれた方は大変傷つき本当に嫌な思いをされたこととお察しいたします
そしてトミィさんもその方も私が書いたことなんて百も承知だと思うので
いまさら書くことではないのでしょうけどね

今回の件は2度目とのことですよね。でも同一人物ではないのですよね?
確か前回はまるっとコピー&画像の無断使用されたとのことなので
さすがにマズイと思いますが今回はどうなんでしょう?
やっぱり同じようなレベルでコピーされたんですかねぇ?
(↑見てから物を言えと言われそうですね、すみません)

子供ってちょっと面白いフレーズとかあると何の気なしに
マネしちゃうと思うんですよ(今回はそのレベルだと推測するのですが…)
それを「ブログを書く資格が無い」とまで書いてあった様な気がするので
それはちょっと言い過ぎではないか思いまして…
愛読しているブログで使用されているフレーズを何気なく使ったら
「模倣(もほう)」だと言われ、吊るし上げられている
としたら、その子はどう思うのかなぁと思いまして…

確かに盗むとなるとそれはマネのレベルではありませんね
でもしかり方にもルールがあるのではないでしょうか?
この点についてトミィさんが上手くコメントしてくださっているので
私が書くまでのことは無いんですけどね

でも他のコメント等を見ると「攻撃」だの「突進」だの
物騒な言葉が出てくるので大人としての対応が
本当に出来ているのか少し不安を感じます

「その子にわかって欲しいからキツめの書き方になる」

…ホントにそうでしょうか?
「北風と太陽」ではありませんが、本当に理解して欲しいのなら
子供にもわかる文章で優しく書くのがスジではないかと思いまして…
もちろん相手が大人ならどの様な書き方をしていいと思いますけどね

また人気のあるブログであればそれだけ影響力が大きいことも
考慮しなくてはいけないのではないかと思います
なんとなく読んでいる人をあおっているような気がして…
単なる私の思い過ごしなんでしょうけどね(って言うかヒガミ?w)

超大作のコメントいつでも大歓迎です♪
それだけ真剣に何かを伝えていただこうとしているのが
ヒシヒシ伝わってきているので、とても嬉しく思います
トミィさんさえ、お嫌でなければまたおつき合いいただけますとありがたく存じます

友達のトミィです!(o^∇^o)ノ
oyaGさんも被害にあわれたブログにいかれましたか。


一応補足として、そこの管理人がなぜこんなに
怒っているかを説明しておくと、
このブログでは、マネをしないでという記事を
以前から言っていたにもかかわらず、
そして、マネた本人もその記事をちゃんと
読んでいたのにもかかわらず、この事件が起きた点です。

そしてコメント欄でみんなが怒っているのは、
友人を傷つけたことへの怒りがほとんどだと思います。

あえて、わたしは、そこのコメント欄で
oyaGさんのいう一方的な注意ではいけないと思ったので
小中学生へ向けて、「真似」についてどういう風に考えなくてはいけないのか
ということを書かせてもらいました。
まぁ。子供たちに理解できる言葉遣いではなかった気がしますが。。。

今回の「真似」は、どちらかというと、「盗む」というニュアンスが強かったので
そこについて、その加害者へ向けての「叱り」的なコメントが多かったのだと思います。
だから、わたしはそれらのコメントを止めませんでした。


このブログさんは、人気のブログさんということで
多くの人が来られてます。
なかには、同じ中学生で、妹に今回のことを
わかりやすく説明したという子もいました。
加害者本人が、気付くことが一番ですが
このように、(oyaGさん含め)みんなが考えるきっかけになたことは
とても良かったと思います。

最後に「真似る」ことは学ぶ上でとても重要です。
プログラムを勉強する上でも、先人たちの知識をまず
自分のものにすることが第一です。
でも、仕事でもなんでも、そこから新しい何かを発見しようと
思うのが、人間です。そうやって進化してきたんだと思うし、
今勉強しているのは、そのためだと思います。
だから、
そこで、満足してはいけないんだ!と、いうことを
これからの子供たちにちゃんと伝えるべきだと思っています。

・・・人様のブログでまた長々とやってしまいました(´Д`;)!!!
スイマセンっっ。

ちょっとだけ。

oyaGさんの意見にだいたい合意です。
「勉強する」は「学ぶ」とほぼ同じ意味で使われてるのもあるし、
そもそも「学ぶ」という言葉の語源は「真似ぶ」だといわれています。
とかく人は昔から他人のことを真似することで自身のスキルを伸ばしてきた側面があります。
昔で言えば、コピーという便利なものがなかったので、勉強したい人は「書写」で学んだといわれています。
とまぁ、真似すること自体はそれほど糾弾されることでもないのかもしれません。
ただ、それは時と場所によりけりなんだと思います。
たぶん、そこがきっと重要なことなんですね。
the most importantです。

ハイ、木魂も何が言いたいかわからなくなってきました。
今度時間をかけてことこと考えてみますw

PS
オイラもこないだイラコ岬行って来ました。
ホントにただ行っただけですけどww

PS2
来週のどこかで久々にオンにしますw
良かったら草むしり手伝いに来てください。
ちなみに3ヶ月放置状態です(≧∇≦)/ ハハハ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eazyflash.blog3.fc2.com/tb.php/468-485dbb0c

« 前の記事   | HOME |   次の記事 »

Profile

Recommend

最近の記事

最近のコメント

Googleで検索

    ブログ内検索 Web

カテゴリー

過去ログ

アフィリエイト