SEO対策

oyaGのログ(…のしかばね)

「パトラッシュ。僕、もう疲れたよ…」

弱点

EazyFlash(※1)に、またまた弱点が…

まずはこのページの中央付近の「起動画面」というFlashをご覧ください
ある部分にマウスが重なると説明文を表示すると言う何の変哲も無い
Flashなのですが、事件はコレ(※2)を作っている最中におきました

何の気なしに説明文を固定テキストで書き込んでいたんですよ
で、動作確認のためにパブリッシュ(ソースをFlash化)したら

…………やけに遅い…
…固まってるのか?
…おかしい?さっきまではこんなに時間が掛からなかった
…さっきと違うところは長めの説明文を入れたこと
ハッ?!もしやコレは!!

確認してみると案の定funファイル(ソース)のサイズが2Mバイト超
入力した文は、わずか1800文字(3400バイト)程度なのに
1000倍ぐらいデータ量が増えている…
この弱点、すでに猿設計さん(お世話になっております)が指摘されて
いたのですが、実際に遭遇すると結構ビビリます

…この弱点によりEazyFlashでは「長めの文章系Flash」や
「大量のAA(アスキーアート)」を使ったFlashは避けた方がいいという
結論になります
回避策としては前者は外部テキストファイルを読み込み(ASの知識が必要)
後者は、あらかじめAAをエディタやブラウザで表示させたものを
画像として取り込む。といった感じでしょうか?

それにしても何でそんなに容量が増えるの?
他のFlash作成ソフトでも同じような事が起きるの?
おしえて!!エラい人っ!!



※1:廉価版Flash作成ソフト
これだけでそれなりのFlashが作成できる優れもの
ダウンロード価格は驚きの5,800円(本家の約10分の1)
ただし結構クセがあり、日本語環境では(?)落ちやすいと言う欠点も…
でも、慣れてしまえばどうと言う事は無い

※2:たったこれだけの物を作るだけで1週間(しかも、いまだ未完)も
かかってしまう私は…

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eazyflash.blog3.fc2.com/tb.php/19-3a79da72

« 前の記事   | HOME |   次の記事 »

Profile

Recommend

最近の記事

最近のコメント

Googleで検索

    ブログ内検索 Web

カテゴリー

過去ログ

アフィリエイト