SEO対策

oyaGのログ(…のしかばね)

「パトラッシュ。僕、もう疲れたよ…」

PIYOのほうでPPGのバターカップをアップしたら
「Flashなら動かしてよ」との要望があったので
チョビっとだけ動かしてみました

すみません… ホントにちょっとしか動きません
めんどくさくなったので、これ以上は勘弁してください ○┓ペコッ

久~しぶりに作ってみた

ジムニーって良いよねw ちなみに私は『JA11乗り』です

※音が出ます。ボリュームは控えめに
(Flashが上手く表示されない場合はコチラをお試し下さい)

続きを読む »

Flashの背景色

Flashで背景を透過するにはwmodeパラメータにtranseparentを指定します

※wmodeパラメータの使用例
<embed src="http://~.swf" width="200" height="200" wmode="transparent" type="application/x-shockwave-flash">

続きを読む »

そろそろ…

ネタもなくなってまいりましたので過去の作品をリサイクルしてみました
(コレをやったらお終いだなw)


続きを読む »

EazyFlashでのマスク(その2)

今回は複数パーツをマスクとして使用する方法です
通常EazyFlashのマスクはマスクされるパーツの上に配置された
1つのマスクパーツのみが有効となります



ですがマスクパーツはムービークリップ(MC)でもいいので
このようなMCをつくってマスク指定すれば

こういった表現も可能になります

ソースファイルのダウンロードはコチラからどうぞ



夢を見ながらバストアップ&ダイエット出来ちゃうってホント?! ⇒ 【ムーンマジック】
「ダイエットのことなら、お・ま・か・せ♥」の【PJネットショップ】さんからのプレゼントです

EazyFlashでのマスク(その1)

マスクとはマスクするパーツ(図形・文字・ムービークリップ)の形を
くりぬいて表示させるテクニックです

例えば、この女の子のムービークリップに

この文字をマスクとして組み合わせることで、こんなswfを作る事が出来ます




マスクのやり方はマスクするパーツのプロパティ・ウィンドウ内の『マスクをYes』に設定します
また、マスクを使うときの注意点は、必ず
『マスクとするパーツがマスクされるパーツの上に設定する』
という点に気をつけなければいけません
上の例でいうと文字パーツを女の子パーツの上に設定する(タイムラインで上)ということです
もし、マスクするパーツが下にあると全くマスクされない状態になってしまします

マスクするパーツを動かす事も出来ます
このような動きのパーツをマスクとして設定し、組み合わせる事でこんな感じのものも作れます
ソースファイルのダウンロードはコチラからどうぞ



夢を見ながらバストアップ&ダイエット出来ちゃうってホント?! ⇒ 【ムーンマジック】
女の子だって気持ち良くイキたい♥ ⇒ 【ミラクルシークレットエクセレント】
今話題の「スケ太郎」の販売店【ガチビンネット】さんからのプレゼントで~す♥

ロードチェックの罠

先日、ロードチェックするスクリプトを作ってたんだけど
ロードが完了して[Play]ボタンを押させるフレームまでは行くけど
その先にはどうしても進まない。ってんで、もの凄く悩んでしまいました
ちなみにキーフレームとコードは、こんな感じ
050307.png
/*** firstFRMのスクリプトここから ***/
// firstFRM メイン処理
this.onEnterFrame = function() {
if ( this._totalframes == this._framesloaded ) {
this.gotoAndPlay("playFRM") ;
}
}
this.stop() ;
// ボタン用MC ロールオーバーアクション
function overAct(){ this.gotoAndStop("overFRM") ; }
// ボタン用MC ロールアウト(ドラッグアウト)アクション
function outAct(){ this.gotoAndStop("outFRM") ; }
// ボタン用MC リリースアクション
function releaseAct(){ this._parent.gotoAndPlay("startFRM") ; }
/*** firstFRMのスクリプトここまで ***/

/*** playFRMのスクリプトここから ***/

this.stop() ;
//プレイボタンのアクションを定義
this.playBTN.onRollOver = overAct ;
this.playBTN.onRollOut = outAct ;
this.playBTN.onDragOver = outAct ;
this.playBTN.onRelease = releaseAct ;
/*** playFRMのスクリプトここまで ***/
で、さんざん悩んだ挙句「ハッ」と気が付いた
firstFRMの onEnterFrame に定義した関数が playFRMまで残ってるんだ
早速、playFRMの1行目に
this.onEnterFrame = null ;
を入れたら正常に動きましたとさ。めでたし、めでたし
という事で、皆さんも onEnterFrameでのチェック処理のクリアには気をつけましょう


AS使い

以前どこかのサイトで
「モグラ叩きぐらいスクリプトだけで作れなきゃAS使いとは言えないね」
と書いてあったような気がするけど、私はそうは思わないな
まぁ実験的にFlashがスクリプトでどう描画しているのかを試すって事なら分るけど
20年前のROM-Basicオンリーのマシンとかポリゴン描画ならいざ知らず
たかがモグラの絵にまでスクリプトを使う必要は無い。テキストだってそうだ
ビジュアル的なものはツールを使ってレイアウトした方が断然キレイに出来る
「手を抜けるところは手を抜く」優秀なプログラマとはそういうものだ
「じゃあ、お前はどうなんだ」って?私はダメダメです。ハイ(笑

第一無駄な処理があると後から他の人がスクリプトを見た時に見にくい(醜いとも言う)
そんな無駄な事に時間をかける位ならお茶でも飲みながら
いかに効率的な処理、より高速な処理・メンテナンスのしやすいロジックを
考える時間に回した方が100万倍いい
私はthis.stop();の呪文が使えるだけでも立派なAS使いだと思いますよ



◎今回ご紹介の品
FLASH ActionScript辞典 第2版Desktop reference
Flashで使えるActionScriptが全て掲載されています
いわゆるASのバイブルですね。この1冊があれば完璧です
AS中・上級者のお手元にどうぞ

 | HOME |  次のページ»

Profile

Recommend

最近の記事

最近のコメント

Googleで検索

    ブログ内検索 Web

カテゴリー

過去ログ

アフィリエイト